cfgdfhfv.png

セブンネットショッピング

2013年12月24日

国試対策会長より「第49回理学療法士・作業療法士国家試験」について

みなさん、ごきげんよう。
私よ。
GONIo.ファンタよ。

とりあえず、落語、面白かったわよ。
末広亭。
ほんとに奥が深かったわ。



さて、今日は私から各養成校の最終学年の学生へのメッセージよ。

で、どうなのよ。
国家試験の勉強は進んでるの?

え?
今日くらいはいいでしょ?

ふん。
とりあえず後で泣きついてこないことを祈るわ。

とりあえず、メリークリスマス。

fanta.JPG


語呂合わせ?
作ってあげるからメールちょうだい。

以上、GONIo.ファンタよ。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 22:39 | 国家試験対策室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

落語とセラピスト

こんにちは。
GONIo.総務です。

アキレス腱の具合はまあまあです。
再断裂せずにここまで来たので、とりあえず順調と言っていいのでしょうが、
格闘技復帰を目指してる僕にとってはまだまだ途中の段階です。
でも最高のドクター、理学療法士の先生方にお会いできたことは大収穫です!

不本意ですが初めて入院・オペを経験したのですから、講義にも自分自身を病態として取り入れています。
いまだ完全ではない歩行を学生に見せることで理学療法士の卵たち、
特に3年生は来年4月から実習ということもあり結構真剣に見てくれます。

もちろんただ病態を見せれば教員が務まるわけではありません。
僕は講義の準備にかなりの時間を要します。
恥ずかしながら、場合によっては1回3時間の講義のために、
1か月間毎週末をつぶすことも。
でも準備の時間だけで講義の手ごたえを勝ち得ることはできません。
これは教員をやっている限り一生悩むことだと思います。

ということで今度落語を見に行ってみようと思います。
これまでに数回行ったことがありますが、
噺家の方々の声の大きさ、間、表情、そして観客の方々の反応、
何よりも寄席の雰囲気などを学びに行きたいと思います。

これって、教員だけに求められるものではないですよね。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にも必要なのでは?

ということで、GONIo.落語研究部を作ろうと思います。
寄席に興味はあるけど初めてなので気が引ける…
そんな方々。
ぜひ一緒に行きましょう。
もちろん隣同士で座る必要はありません。

患者さんとの会話が苦手な人、
僕もそうですが患者さんの日常の言葉や会話こそ治療の道しるべだと思う人、
よかったらとりあえず入口で集合だけだけして、
あとは自由解散で末広亭見学しませんか?

すでに全国の14名ほど参加希望者がいます。
よろしければ

gonio520@yahoo.co.jp

までご連絡を。
ちなみに新宿末広亭は150席なので応募者が多数の場合は何回かに分けてみようと思います。

以上、早く臨床にも復帰したいGONIo.総務でした。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 20:56 | GONIo.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

なってみた!「アキレス腱断裂」8 外来診察 

こんにちは。
GONIo.総務です。

退院後の外来診察が週に1回から2週に1回に、そしてこの度月に1回となりました。
おかげさまで一応順調に回復している様子です。

入院中から僕を担当してくださる理学療法士のI先生は、
リハビリ開始当初から僕の足趾を気にしていました。
もちろん僕もその理由はわかっているつもりでした。
しかし、跛行が少しずつ改善している今、その理由がわかってきました。
歩容が改善しつつある現在もなお、
アキレス腱断裂により足趾にも影響が出てます。

I先生による先を見越したアプローチ、アドバイスのおかげで、
その影響は最低限のところで踏みとどまっています。
もしI先生のアドバイスがなかったらさらに強い「痛み」も生じていたでしょう。

理学療法士として受傷するのは痛手ですが、
先輩PTの治療を受けることができるのは最高の勉強です。
そして職場復帰した今、自分の身体を使って講義できるのですから最高の教材です。
もちろん学生の評価に足を貸し出すのですから、結構怖いし痛いですけどね、
これも教員だから仕方ないと腹をくくっています。

さて、先日リハビリを受けたとき、ちょうど関東のある専門学校の学生さんが実習に来ていて、
僕のリハビリを見学していました。
ちょうど僕が担当するクラスと同じ3年生でした。
話し方が丁寧て動きも機敏でとてもさわやかな好青年でした。
しかしスーパーバイザーのI先生、そして患者である僕が理学療法士という中で、
相当緊張しながらリハビリ見学をしていました。
考えてみたら、患者がPTだとしたら学生も嫌だろうなあ。
でもきっといいPTになるうだろうと想像できる逸材でした。

次の診察、リハビリは来年です。
そのころどんな歩行になっていることやら…。

以上、GONIo.総務でした。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 14:21 | なってみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする