cfgdfhfv.png

セブンネットショッピング

2017年02月12日

地域リハって なんだ?

おはようございます。
先日のGONIo会議のアルコールが、まだ残っている気がする広報です(笑)
寒い日が続きますね・・・。今日は、「地域リハ」ってなんだ?の話。


なんなんでしょうね。地域リハって。学生時代には、授業では習いました。
たぶん、「地域に出向いて体操教室?」とか「講話」とか「地域でやるリハ全部」とか「連携」とか「地域自体をリハビリする」など、いろんなイメージがあると思いますが・・・僕自身も、まだわかってません(笑)


でもひとつだけ。


「これって GONIo魂じゃん!」

そう思うことがよくあります。


僕は理学療法士なので、基本動作の評価・今後予測・介入のプロです。(少なくとも定義上は・・・(笑)

訪問リハでもやることは同じ。週1〜2回の介入のみで、状態が保てることは少なく、あの手この手を使います。

町のお手伝いでやる健康増進事業でも、話と実技で、参加者に「自分ごととして感じてもらう」「気づいてもらう」「生活で実践してもらう」ために、あの手この手を使います。

この「あの手この手」の部分が、GONIo魂大活躍、なんですよね・・・。
GONIoは「いろんな角度から リハビリ情報発信・応援」がモットー。
このマインドで、目的のためにあらゆる角度の手段を探しまくります。

たまに、「えー!!?」なんて言われますが(笑)


最近は、一人の利用者さんに数年まえから言われていたことがやっと形になりそう・・・。

「障がい者スポーツをやりたい」(こちらとしては 「進行」に伴う活動量→ADL低下予防)

車椅子でも参加できる あるスポーツの場へ繋げる
もっとアクティブなものを と 近隣探してもなく 遠方の有名施設(ラ○ール、神○リハ)を紹介→遠すぎて×
行政の担当課に半年に一回聞く→「ない」「知らない」と言われる(親しい方からも)
障害分野会議で話に出してみる→隣町でやってるらしいと教えていただく→曜日が合わず断念
最終的に 在住町内でサークルを立ち上げる(ご本人へ促し)


・・・・・あの手この手あの手この手(笑)


この動きひとつとっても、様々なことがあります。
地域で活動されている様々な業種・住民の方との関係、情報収集、そこに至るまでの活動。
個人的に 繋がらなかったものの 会議で話題に出してみて 後から教えていただいたことが嬉しかったです。


リハ専門職は「目の前の一人の患者さん・利用者さんを 良くする(そしてずっと維持する)」が 職場に関わらず 通る道で、それが本職だと思っています。そして、外からも求められていること。

いろんな角度から、一人の方に対してひたすらつきつめて、結果的に地域リハにつながるといいなー、と思う今日この頃です。

そのためにGONIo魂は一生燃やし続けないと、ですね。
以上、広報でした!


by GONIo.広報



にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 07:11 | GONIo.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする