cfgdfhfv.png

セブンネットショッピング

2019年10月09日

実習地訪問 教員・学生編

こんばんは。
GONIo.総務です。

前回ブログでは教員編の予告をしましたが、
コメント欄に学生さんと思わしき方々からの依頼コメントもありましたので、
実習地訪問そのものがなんなのか全体について書かせていただきます。


「実習地訪問とは?」
多くの養成校はインターン実習を7〜10週に設定し、
そのほとんどが4年次に2回行くことにしています。

実習地訪問は、だいたいその実習のちょうど半分が経過する時期前後に、
養成校の教員が学生の様子を確認すると同時に
実習地の先生方に実習指導の感謝を含めご挨拶に行くために行います。

いざ教員が出向くと、
学生は約4週間ぶりに会う養成校の教員を見てほっとしたり、
普段学校では見せない笑顔を見せて出迎えてくれます。
また臨床現場で礼儀作法を指導されたと思われますが、
驚くほどしっかりとした態度で出迎えてくれる学生もいます。


「実習地訪問時の教員の気持ち」
実習地に赴くにあたって教員も緊張します。
特に初めて行く病院、初めてお会いする指導者の方など…
そんなときは学生たちと同様の緊張をしながら訪問をすることになります。

そんな時に学生が笑顔で教員を出迎えてくれると、
ものすごくほっとするものです。

これから実習に向かう学生さんは、
学校の先生を安心させるために、まず積極的に患者さんのために動いてみてください。
皆さんの熱意は必ず患者さまや指導者に伝わるはずです。

「教員の注意点」
教員としての注意点は、持ち物として名刺、その他学校からの書類などを忘れないこと、
アポイントの再確認、当日公共交通機関が乱れたときの迅速な対応などです。


「自習中の学生の対応について」
そういえば学生さんにお聞きしたいのですが、
常に患者さんや指導してくださる先生方に感謝の気持ちを持っていましたか?
学校の先生が来た時に、感謝の気持ちを伝えましたか?
もしも実習がうまくいっていないと感じていたら、
学校の先生が来たときが軌道修正するチャンスです。
(もちろん、実習指導者との面談を重ねて実習への姿勢を修正することもあります。)

面談の時手元に筆記用具を出し、必要なことはメモしましたか?

指導者の方に「この子は本当にメモを取らないんですよね」って言われていることに気づいていましたか?

これはPT1年目の子にも当てはまるかもしれません。

人の評価をするだけでなく、自分を客観的に評価し続けていきましょう。

もちろん僕もそのことについては一生必要だと思います。

実習は地獄なんかではありません。(地獄と感じたらすぐに相談しましょう。)
人によっては実習地からスカウトされることも少なくありません。
2ヶ月ちかく指導を受けて、その結果スカウトをされるなんて、
実習地への就職だけが実習生にとって最高の形とは言いませんが、うれしいことですよね。




以上、GONIo.総務でした。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 22:41 | GONIo.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

地域リハって なんだ?

おはようございます。
先日のGONIo会議のアルコールが、まだ残っている気がする広報です(笑)
寒い日が続きますね・・・。今日は、「地域リハ」ってなんだ?の話。


なんなんでしょうね。地域リハって。学生時代には、授業では習いました。
たぶん、「地域に出向いて体操教室?」とか「講話」とか「地域でやるリハ全部」とか「連携」とか「地域自体をリハビリする」など、いろんなイメージがあると思いますが・・・僕自身も、まだわかってません(笑)


でもひとつだけ。


「これって GONIo魂じゃん!」

そう思うことがよくあります。


僕は理学療法士なので、基本動作の評価・今後予測・介入のプロです。(少なくとも定義上は・・・(笑)

訪問リハでもやることは同じ。週1〜2回の介入のみで、状態が保てることは少なく、あの手この手を使います。

町のお手伝いでやる健康増進事業でも、話と実技で、参加者に「自分ごととして感じてもらう」「気づいてもらう」「生活で実践してもらう」ために、あの手この手を使います。

この「あの手この手」の部分が、GONIo魂大活躍、なんですよね・・・。
GONIoは「いろんな角度から リハビリ情報発信・応援」がモットー。
このマインドで、目的のためにあらゆる角度の手段を探しまくります。

たまに、「えー!!?」なんて言われますが(笑)


最近は、一人の利用者さんに数年まえから言われていたことがやっと形になりそう・・・。

「障がい者スポーツをやりたい」(こちらとしては 「進行」に伴う活動量→ADL低下予防)

車椅子でも参加できる あるスポーツの場へ繋げる
もっとアクティブなものを と 近隣探してもなく 遠方の有名施設(ラ○ール、神○リハ)を紹介→遠すぎて×
行政の担当課に半年に一回聞く→「ない」「知らない」と言われる(親しい方からも)
障害分野会議で話に出してみる→隣町でやってるらしいと教えていただく→曜日が合わず断念
最終的に 在住町内でサークルを立ち上げる(ご本人へ促し)


・・・・・あの手この手あの手この手(笑)


この動きひとつとっても、様々なことがあります。
地域で活動されている様々な業種・住民の方との関係、情報収集、そこに至るまでの活動。
個人的に 繋がらなかったものの 会議で話題に出してみて 後から教えていただいたことが嬉しかったです。


リハ専門職は「目の前の一人の患者さん・利用者さんを 良くする(そしてずっと維持する)」が 職場に関わらず 通る道で、それが本職だと思っています。そして、外からも求められていること。

いろんな角度から、一人の方に対してひたすらつきつめて、結果的に地域リハにつながるといいなー、と思う今日この頃です。

そのためにGONIo魂は一生燃やし続けないと、ですね。
以上、広報でした!


by GONIo.広報



にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 07:11 | GONIo.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

GONIo.ミーティング 2017

俺だ。

GONIo.総務だ。
しばらくぶりだな。
待たせてすまなかった。
おかげでずっと1位をキープしていたこのブログが4717位に落ちてしまった。

でももうみんなを待たせないぜ。
今まで休んでいたわけではない。
メンバーはそれぞれ活動していたんだ。精力的にな。

そして今日…。

今日の俺は燃えている。

なぜって?

今日、久しぶりのGONIO.ミーティングがあるからだよ。
いいか、ミーティングだ。
飲み会じゃないぞ。

ここで今年の俺らの活動の道筋が決まるんだ。
思えば、理学療法士関東ブロック学会のロゴマーク採用、
俺のアキレス腱断裂、
広報の訪問リハ関連の講師活動、
出産、結婚…

色々なことがあったんだ。
でも今日から頻繁にブログ、
そしてリハビリを世間にさらに知ってもらうために色々な活動をしていくぜ。

大阪には大学の准教授になったGONIo.マッスルもいる。
沖縄に医師メンバーもいる。
今年もどんどん動いていくぜ。

ということで、国家試験も近づいてきた。
また国家試験対策室の室長も動き出すぜ。


hajime2.jpg


以上、自分の娘で人間発達学を再勉強中のGONIo.総務でした。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 17:14 | GONIo.日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする