cfgdfhfv.png

セブンネットショッピング

2011年03月22日

他人事じゃない 半径30km

GONIo.総務です。



笑っていいとも!が再開しましたね。

いろんな局でバラエティーが再開しました。

僕個人としては、この流れを不謹慎と捉えず、
むしろ被災地の人に少しでも笑いを提供する流れにしてほしいです。


避難所で生活している人がバラエティーを観る機会があるのか、観る気持になれるかわかりません。
でも、そういう役割って大事だと思います。


脳卒中を発症して入院した患者さんに言われた事があります。

「リハビリ室に来ている時だけ、ほっとするのよ。」



片麻痺になったという現実に打ちのめされる中、
さらに追い打ちをかけるように「できないこと」ばかりを確認するようなリハ室なのに、
患者さんがそう言ってくれました。




僕の両親は沖縄出身で、まだ復帰前にパスポートを持って東京に出てきました。

僕が幼稚園の頃、家族みんなでテレビの前に集まって応援したのは、

沖縄の星、具志堅用高さん。


沖縄への偏見があった当時、
両親にも具志堅さんに感情移入するいろんな理由があったと思います。


今度選抜に出場する東北高校然り。



どうやっていのかわからないけど、みんな気もちは一緒。

今やってる芸人さんたちもみんな悩みながら必死にやっていると思います。

大事なのは「忘れないこと」だと思います。
風化させないように、ただそれだけだと思います。



さて、4月から実習を控えている学生さんも多いことでしょう。
そしてこの震災でいろんな影響が生じている人もいると思います。

実習地を変更せざるを得ない人、実習時期を変更する人。

病院は被災していなくても原発の問題もあって、予定していた実習地に行けない人もいるのでは?

でもこれって東京以西の人も他人事ではありません。


今、福島にある原発から半径30qに住む人が避難しています。
でも、このことについて福島県だけの問題とは考えていなくても、
つい自分に置き換えて考えられない人もいるのでは?


では、もし新宿に原子力発電所があったらどうなるんでしょう。


新宿を中心にした半径30qってどれくらいの範囲なんでしょうか。



それを調べてくれるサイトを見つけました。

以下のサイトです。
みんなの知識 便利帳(http://www.benricho.org/)。


その中のここ。↓↓

http://www.benricho.org/map_distance_radius/radius02.html



こちらを利用して新宿を中心とした半径30qを調べてみました。




じゃん。










30km.jpg





川越近くまで避難区域です。
町田や多摩センターあたりも避難区域に入っています。

八王子、安孫子、厚木辺りまで避難することになります。
東京は八王子以西以外は全滅です。
埼玉も都心部は全滅ですね。

みなさんの住む場所はいかがですか。



以上、GONIo.総務でした。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 12:57 | 検索してみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

すごい!TSK株式会社の「レスキューベランダ」

GONIo.総務です。

地震から1週間が経過しました。
みなさん、状況はいかがでしょうか。

沖縄在住のGONIo.経理からも皆様にお見舞いのメールが届いております。



僕の住む家の近所のスーパーでは、
前日に商品棚が空っぽになっていても翌日にはまた商品が少ないながらも並んでおり、
とにかく買いだめしなくても大丈夫だ、と自分に言い聞かせています。
野菜も思ったよりも高騰していません。

とにかく落ち着いて行動しないと、ですね。


寒いけど、電力を少しでも抑えたくて、布団かぶってしのいでます。
被災者の方々のこと考えたら甘いこと言ってられません。

生きているだけで幸せです。

はやく救援物資が被災された方たちに届くことを祈ります。



さて、昨日通勤途中の話です。

その地域が古紙回収の日だったのでしょうか、
ひもでくくられたパンフレットや新聞類が捨てられていました。

その古紙類の一番上に気になるパンフレットが。



「レスキューベランダ」



さすがに人さまのごみを漁るわけにもいかず、
しかしなんとなく想像しやすいこの商品。


さっそく職場に着いてから検索してみました。


案の定、昇降式のベランダでした。

しかしこれがすごい。



pro_vari_set_3.jpg





TSK株式会社が製造しているこのレスキューベランダ。

TSK株式会社HP(http://www.tsk-rescue.com/)※画像もHPより転載。

一度に500kgまで搭載可能で車いすもOK。
工事も簡単だそうです。

昔みたアップダウンクイズを思い出しました。
しかし、このレールで500kgまで支えるのですから、相当な開発技術が必要だったと思われます。

停電時を考え、ハンドルを回して昇降するそうです。

一般の住宅だけでなく老健とか病院でも十分力を発揮しそうですね。

TSK株式会社が福島県にあるとのことで、そちらの状態も気になるところです。
今後需要が増えると思われるこの製品、ぜひ頑張って作り続けてほしいです。



今年の初夢が富士山の噴火でした。
それだけは勘弁。
心配しても仕方ない。
備えを万全にして、あとはセラピストとして職を全うしましょう。

以上、GONIo.総務でした。

にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 10:21 | 検索してみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

見つけた! シルバーカー専門店

おはようございます。


GONIo.総務です。


リハビリ場面でシルバーカーを使って患者さんと歩行練習をすることが多々ありますよね。

また外来リハビリにシルバーカーを押して通院される方々も大勢います。

シルバーカーにはいくつか種類があります。



折りたたみ型。


oritatami.jpg



箱形。


hakogata.jpg



歩行車(と言うそうです)。


hokousya.jpg



でも思うんですけど、患者さんやご家族にシルバーカーを勧める時に、
シルバーカーと言っても通じなくて、手押し車って言いなおすことがあるんですよね。

考えたらネットではどうなんだろ。


で、検索してみました。


シルバーカー専門店ってあるんですね。
上の画像はすべてそちら(株式会社佐藤商会:http://www.silvercar.jp/)からお借りしました。



いろいろ検索していると魔法瓶で有名な象印がシルバーカーを作っていたり。

え?ほんと?
象印ベビーという会社がシルバーカーやベビーカーを製造しているそうなんです。

子会社かな、ベビーって名前だし。

しかしwikiで調べてみるとほんとかはわかりませんが、この象印はお互い関係ないとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E5%8D%B0%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC


へぇ〜。


ちなみにYAHOO!で「シルバーカー」を検索したら218万件ヒット。
「手押し車」ではちびっ子用などごちゃまぜでしたが、その1/4の件数しかヒットせず。

一応シルバーカーはネット上ではたくさんあるんですね。



さて最後に、ネット上で見つけて爆笑したイラスト。



未来の手押し車らしいです。

才能あるイラストレーターさん、ぜひ会ってみたいです。




teosi.jpg



最後のおばあさんの後ろにあるのは、よく見るとヘルメットの進化系なんですね。


おそらく医療界と関係ない人が描いたんでしょうけど、
個人的にはそれはそれで一般の人がシルバーカーに目をむけてくれるきっかけに…ならんか?

でも、なってほしいです。


以上、GONIo.総務でした。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

posted by GONIo. at 08:16 | 検索してみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする